ホワイト花満クリニック|在宅医療・訪問診療

〒814-0121福岡市城南区神松寺2-10-3

在宅医療 ホワイト花満クリニック
緩和ケア病棟と同等の医療が受けられます。看取り・十分な緩和ケアを提供する体制が整っております。

当クリニックの存在意義

「白」という色は、一点の曇りもなく、安心できる色、 そして回復の色でもあります。
「花」という意味は、「世界にひとつだけの花」という歌の中にもあるように「私」「自分」のことを表しています。
「満」という意味は、全てをみたすということです。
「ホワイト花満クリニック」その名称にはそのような想いが込められており、「本来の自分らしさを取り戻し お一人お一人が最高の人生を送れるようサポートしていくこと」  それが、このクリニックの存在意義だと考えています。

当クリニック理念

いつも、いつまでも、住みなれた場所で
〜24時間365日、常に患者さん・家族の不安に対応します。
そして、住宅で生活される病を抱えた患者さん、
その家族にとって何がベストな治療選択であるかを常に考えながら
最期まで在宅での生活をサポートします。〜

「住み慣れた我が家で療養したい」 「できれば最期までの日々は、我が家で過ごさせてあげたい」
しかし、自宅での療養生活は、どのような準備が必要なのか、 容態が急変したときにはどうすれば良いのかなどの 不安も大きいと思います。 私たちは、そのような患者さんやご家族の想いを受け、 訪問診療で自宅療養を支援します。 また、ケアマネジャーやホームヘルパー、行政等と 連携しながら療養生活全般を支えたいと考えています。

一人ひとりの幸せのために
〜自分の家族、スタッフ、スタッフの家族のことを大切に考えます。〜

家族を愛することが出来なければ、他人に優しくすることは出来ないと考えています。

院長プロフィール

画像
末満 隆一(すえみつ りゅういち)
大学卒業後、同大学第2外科にて外科医として医業を始め、2010年から緩和ケアを中心とした医療に携わる中、在宅ホスピスの必要性を感じ、2014年より在宅医療の道へと進みました。当院では、在宅で療養されている患者さんやご家族の想いを尊重しながら、どうすることが患者さん、ご家族にとって最良の医療なのかを常に考えながら、自宅での生活を支援していきます。また、自宅での療養生活では、色々な不安や悩みも出てくると思います。そのような状況でもスタッフ一同、皆さんに寄り添いながら支えていきたいと考えています。

院長略歴

1970年
福岡県福岡市に生まれる
1989年
福岡県私立西南学院高等学校卒業
1997年
九州大学医学部卒業

所属学会

日本外科学会(認定医・専門医)、日本呼吸器外科学会(評議員)、日本呼吸器学会(専門医)、日本呼吸器内視鏡学会(専門医)、日本がん治療認定医機構(認定医・暫定教育医)、日本臨床腫瘍学会、日本緩和医療学会

新着情報         >>一覧

緩和ケア・看取り


アクセスMAP

〒814-0121
福岡市城南区神松寺2-10-3

24時間365日対応

tel.092-801-8739(ハナサク) FAX.092-801-8740

E-mail info@shirohana8739.com